ドライヤーでツヤを最大限だす方法

ドライヤーでツヤを最大限だすには、

「かける前の下準備」と「かけ方」でポイントがあります。

 

しかも、このポイントをしっかり抑えるだけで、

ツヤがでるだけでなく、髪がパサつかなくなったり、

広がりづらくなったり、寝ぐせがつきづらくなったり・・・

 

色々メリットがあります。

 

 

もちろん、髪質改善にも効果のある乾かし方ですので、

あなたも、これを機会にぜひ実践してみてくださいね。

 

 

【1】かける前の下準備(その1)

 

まずはじめに「洗い流さないトリートメント」を付けて下さい。

オイル、クリーム、ローションタイプなど色々ありますが、

オススメは・・・

 

乾かした後、ベタツキや重さがなく、自然なしっとり感がある

ローションタイプがオススメです。

 

何故なら、ローションタイプは比較的

栄養分や保護成分が高濃度だからです。

それでいて、重くなりづらいのがいいところです。

 

 

中間から毛先にかけて丁寧に馴染ませて下さい。

 

その後、手に残ったトリートメントは、

頭頂部の表面に撫でるようにうすく付けて下さい。

 

これがとても重要です。

ツヤが出やすくなるポイントなので、必ずしてくださいね。

 

しかも、表面に洗い流さないトリートメントをつけることで、

保護膜が形成されて、髪に静電気が起きづらくなります。

 

ぜひやってみてくださいね。

 

 

【2】かける前の下準備(その2)

 

洗い流さないトリートメントを丁寧につけたら、

粗い目のクシで乾かしたあとのスタイルに近い形になるように

優しくとかしてください。

 

 

これをすることで、髪の毛流がととのいますので、

乾かしたあとのまとまりや、スタイルの再現性が高くなります。

 

 

当店でお客様に確認してみると、

このクシでとかす。という工程をしていない方が

結構多いです。

 

 

これをするのと、しないのとでは、

乾かしたあとの仕上がりにかなり差がでますので

必ずしてくださいね。

 

 

ちなみに、粗い目のクシとは・・・

 

こういうものです。

 

美容室ではジャンボコームといって、数百円で販売していますが、

実はこれと同じようなものが100円均一にも売っています。

 

 

どちらでも大丈夫ですので、ぜひ購入して使って下さいね。

 

 

 

 

ここまでで、下準備は終わりです。

お疲れ様でした。

 

 

ここからが本番です。

髪を乾かしていきましょう。

 

 

では、初めて生きますね。

 

 

【3】かけ方(その1)

 

まずはじめに、根本から乾かしていきます。

 

とくに、えり足や後頭部の根本は、

乾かし残しができやすく、半乾きになりやすいところです。

 

 

朝起きたらえり足がはねたり、からまったりするのは、

ここが乾ききってないことが多いです。

 

そのままにしてしまうと、

髪がからまったり、広がりやすくなりますので、

最初に意識して、乾かしてしまいましょう。

 

 

また、お客様に確認をしていると

表面から乾かしたり、顔周りから乾かす方が多いようですが、

表面や顔周りは、1番ドライヤーの風があたりやすく、

乾きやすいところです。

 

 

つまり、オーバードライ(乾かし過ぎ)に

なりやすいところなのです。

 

 

なので、顔周りや表面は最後に乾かしてあげてください。

 

オススメの順番は、

 

1. えり足、後頭部の根本〜中間

 

2. 顔周り(前髪も含む)、サイドの根本〜中間

 

3. 頭頂部表面の根本から中間

 

4. 毛先全般

 

 

以上が当店がおすすめする順番です。

 

 

ちなみに、仕上げの時は、

基本的に上から下にドライヤーの風をあてるようにしてあげると

キューティクルが整って、ツヤがより一層増します

 

 

なぜなら、キューティクルは

根本から毛先にむかってウロコ状に生えているからです。

 

 

しかも、キューティクルが整えば、

中の保湿成分や水分も逃げにくくなりますので、

乾燥を防ぐとこができます。

 

 

これも大切なポイントの一つです。

 

 

【4】かけ方(その2)

 

80%〜90%くらい乾いてきたら、

最後の仕上げは手ぐしで髪をなでながら乾かして下さい。

 

このときも、風は上から下に向けて当てて下さいね。

 

もし、上から下に当てるのが大変なら

この仕上げのときだけでも構いません。

 

 

仕上げの時は、必ず上から下に当てて下さい。

 

 

なぜなら、髪は・・・

完全に乾く瞬間にカタチが決まるからです。

 

 

つまり、仕上げの時に適当に乾かしてしまうと、

キューティクルが色んな方向に向いてしまい

バサバサのまま仕上がってしまうのです。

 

 

なので、極端に言えば80%〜90%は適当でもいいので、

最後の仕上げの時は、必ず上から下に向けて風当てて下さい。

 

 

下準備の時点で、くしで整えてあれば、

80%〜90%をある程度適当に乾かしたとしても

結構まとまるようになっているはずです。

 

 

もう一度いいますね。

髪は完全に乾く瞬間にカタチが決まります。

 

 

最後が勝負です。

頑張ってくださいね。

 

 

☆おまけ

 

また、前髪はブラシで軽く撫でながら乾かすと

毛流が整って、キレイにまとまるようになります。

 

 

分けぐせが気になる方は、

交互になでてあげると、分けグセも治りやすくなります。

 

乾かし方を言葉で説明するのが難しいですね・・・

これは、後日動画で解説しますね。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

広告