髪質改善に良いトリートメントとは?

こちらのページでは、髪質改善する上で

良いトリートメントとはどんなものなのか?

について、ご説明させていただきます。

 

まずはじめに、髪質改善をする上で

トリートメントにはどんな役割があるのか?

といいますと・・・

 

【1】栄養補給

 

【2】キューティクルの保護

 

以上の2つの役割があると考えます。

 

 

【1】栄養補給

 

「栄養補給」とは・・・

 

髪の内部の栄養分が流出しないように。

髪の状態が今以上に良くなるように。

 

その上から栄養分(タンパク質、保湿成分など)を重ねて、

より良い状態を維持することをいいます。

 

 

通常のトリートメントですと、栄養分が少なく、

その代わりにシリコンなどのコーティング成分が

多く配合されていることが多いです。

 

そのため、表面は皮膜で触るとツルツルするのですが、

中は栄養分が欠乏状態のままになってしまったり、

コーティングが強すぎて、髪がべたついたり、重くなってしまったりします。

 

 

これでは、髪は本来の良い状態とはいえません。

もちろん、内部はなにも変わってないので、髪質も改善しません。

 

 

そういうことがないように、

トリートメントを選ぶときは

栄養分が多く配合されているものを選んで下さい。

 

 

ちなみに、

とくに髪に効果があると言われている栄養分は、

「シルク」と「ケラチン」です。

(成分表記は加水分解シルク、加水分解ケラチン)

 

毛髪になじみやすく、補修効果が高い成分です。

 

また、これらの栄養分は浸透して定着するまでに

少々時間がかかりますので、なるべくお時間を置いてから

流して下さいね。(目安7分〜10分)

 

 

【2】キューティクルの保護

 

「キューティクルの保護」とは?

 

キューティクルが傷ついたり、荒れないように。

髪の毛同士が絡まったりしないように、

コーティング成分で、髪を保護してあげることをいいます。

 

 

えっ、【1】でコーティング成分は良くないって言ってたよ!?

と思いましたよね。

 

 

もちろん、コーティング成分は使い方によっては、

良くないのですが・・・

 

種類によっては、少し入れてあげるくらいなら、

髪の毛を保護する力強い味方なのです。

 

 

その成分の名前は・・・

「18MEA(18メチル)」といいます。

 

この成分は

毛髪の表面を保護している成分と同じ成分なのです。

(毛髪必須脂質とも言われています)

 

そのため、毛髪と馴染みがとても良く、

ベタつくどころか、髪に自然なサラサラ感となめらかさを与えてくれます。

 

 

そして、キューティクルの表面を

優しく守ってくれるのです。

 

 

しかも、この成分が髪にあるのと、ないのとでは

90%以上の人が手触りに違いを感じる。と言われています。

 

そのくらい髪には必要な成分であり、

効果的なのです。

 

 

ちなみに、当店のトリートメントには

この18MEAを採用しています。

(成分表記はクオタニウム−33)

 

 

そして、シャンプー、洗い流さないトリートメントにも

配合しています。

 

それくらい髪には大切な成分なのです。

 

 

まとめ

 

髪質改善に良いトリートメントとは、

 

【1】シルクやケラチンなどの

補修効果の高い成分が配合してある栄養補給型トリートメント。

 

【2】18MEAなどの毛髪に必要なコーティング成分が

配合されているトリートメント。

 

もう一つ付け足しますと、

シリコンなどの樹脂成分に頼らないトリートメント。

 

以上のポイントをしっかりとクリアしたトリートメントが

髪に良いトリートメントといえます。

 

 

だだ・・・

 

どんなに良いトリートメントを使用しても

しっかり浸透時間を置かなかったり、

髪をしっかり乾かさなかったりしたら髪は悪くなってしまいます。

 

 

なので、なるべくトリートメント効果を最大限出すためにも、

それ以外のところも気をつけてみてくださいね。

 

 

 

広告